メキシコの工芸品 – 色の世界

04/01/2023 投稿者: タヤウパ 0
ポーキュパイン - アレブリヘ

メキシコとその手工芸品を世界へ: 手仕事で作られる様々な品々は、民芸品とも呼ばれ、我が国の様々な地域社会で、芸術的な創作を通して自分たちのアイデンティティを取り戻そうと奮闘する多くの家族にとって、表現と収入の一形態となっています。メキシコの手工芸品は、地域ごとに特徴があり、木、粘土、布、種子、石、金属などの自然素材を用いて作られています。技術、道具、伝統、素材、スタイルが混在する中で、手工芸品の形態や種類は膨大な数にのぼります。メキシコの職人たちは、その土地の天然資源を生かしたデザインを生み出し、現在では世界各地に存在しています。国際的なレベルでは、メキシコの手工芸品は社会の文化的多様性を示す製品として高く評価され、この分野が成長の可能性を秘めた魅力的な市場となることを可能にしています。

メキシコの手工芸品

メキシコの手工芸品の主な輸出先は、オーストラリア、ドイツ、カナダ、コロンビア、スペイン、アメリカ、イタリアと示されていますが、それ以外にも高く評価されているところはたくさんあります。主な手工芸品としては、ポリクロームクレイの生命の木、チャキラを使ったホイチョルアート、繊細な彫刻や手描きのアレブリヘス、アルミニウム(ピューター)を使ったオブジェ、ウールで編んだラグ、オリナラで作られるような香りの要素を持つ木彫り、銀、オニキス、粘土、木、セラミック、ハンドメイド生地などが、買い手の好みで大きなシェアを持っているものである。

メキシコには62の民族がおり、それぞれの州を代表する民芸品の特徴を持っています。メキシコの手工芸品の起源は農村部にあり、職人たちが粘土、木材、織物、タラベラ、銅など、その地域の天然資源を利用してデザインを作り上げてきたおかげである。 

メキシコの手工芸品貿易は、その伝統的な質感や模様が国内外の観光地で好評を得ていることから、特権的なものです。メキシコの職人の仕事を促進し、より大きな普及の生成に貢献するために、メキシコ各地のメキシコの手工芸品を促進するArtesanía de Méxicoのようなイニシアチブが作られている。

メキシコの手工芸品は、さまざまな国際市場に輸出され、職人たちの経済的な強化に役立っています。物流、品質、関税など、メキシコの手工芸品の輸出にはまだいくつかの制約がありますが、メキシコ人の手によって作られた商品は、国際市場への貴重な貢献となります。

メキシコのクラフトマンシップは、地方に住む職人たちに多様な雇用と収入源を生み出しています。